車のタイヤのランニングコストを削ってみた。

スポンサーリンク




なにか車ネタが多くなる田舎の現実です。

私たちの地域は車は生活必須アイテムです。電車やバスが無いわけではないですがそれでも必須な地域です。

当たり前ですが、乗る距離も年間1万キロ超えます。

最近どうも車のタイヤのヘリが目立つのと私が走行距離もそこそこなのでタイヤをいかに安く調達するかということでネタにしてみました。このブログは福祉労働者がいかに生き延びるかが主眼です。そのあたりを中心に考えてます。

良ければご参照のほど

スポンサーリンク




車の維持費は結構かかる。

そうなんです。これは悩みどころです。経済系の家庭の支出管理の本を年間10冊以上は読んでいますが、保険、家、車は金食い虫ということが言えると思います。

事に車は消耗品の塊でできていますから適切なメンテナンスが必要です。

ちなみにディラーでは4.5万辺りはざらです。

結構な出費です。

車検、オイル交換、関連の税金などまじめにやると結構な額になります。

まずは車は維持費がかかる事を理解しておく必要があります。

保安関連の部品は交換しないと仕方ない

当たり前ですが、ブレーキの無い車には乗れません。

タイヤが無ければ何ともなりませんので何とかしないといけません。

今回はタイヤに焦点を当てます。

安く調達する方法を考える

車はディーラーに任せているという方はこの作戦はあまりというか無理な気がしますが、基本的な作戦として。

  1. タイヤを調達する。
  2. タイヤを車に装着してもらう。

を自分で検討する必要があります。

まず調達ですが私はこれをヤフオクで調達しました。あのオークションで有名な奴です。最近はメルカリなども流行っていますね。この辺りでもいいと思います。

自分で調達することでかなりコストが抑えられます。ここでホイール付きなどを購入すれば場合によっては一人で交換ができれば2の工程は不要となります。

この場合は自宅に直送してもらえばいいですね。

次に私は車の事はわからないし、業者に頼みたいという方は2の工程が必要になります。

2では重要なことがあり、タイヤをお店に直送できるかを事前にお店と相談する必要があります。お店によっては持ち込みが難しい場合があります。必ず確認しましょう。

その際取り付けの料金を確認します。

取り付け工賃が高くなりすぎると厳しいのでよく吟味しましょう。

このように少し手間をかけるとかなりタイヤ交換のコストが抑えられることが判明しました。私は実質ディラーの価格の1/2-1/8程度で交換ができています。

少し手間ではありますが車の数が多い方はかなりおすすめです。

この方法が費用効果は大きいです。

ただ、中には全くーネット経由でわからんという人もあると思いますので楽天の下の会社も購入が可能です。また、サイト内で取り付けのお店も検索できるので同じような効果があると思います。また、タイヤは新品だろという人はこのようなお店になります。

※タイヤの購入をネット経由で実践してみる。

楽天のオートウェーズ

一度挑戦するといいと思いますよ。ただやはりおすすめはヤフオク、メルカリですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。