確定拠出年金 その4 積立額についてのシュミレーション例その1

スポンサーリンク




今回は具体的な確定拠出年金の運用シュミレーションを示しました。

仮に年収600万の人が30年積み立てた場合

所得税・住民税は20%として過程

この場合会社員である事と年額27万6000円積み立てたと仮定する。

定期預金では1パーセント、投資信託で4パーセントで運用した場合。

総積立額828万円

個人型の確定拠出年金口座で運用した場合

課税口座では20%の課税があると仮定

定期預金:1125万 (939万)

投資信託:1881万 (1400万)

(  )の金額は課税口座にて運用の場合

今回は年収600万円程度の会社員が最大年額27万6000円を積み立てたと仮定しています。

全体的に言えることですが年間の収入が多く、課税額が大きい人ほど節税効果が大きくなります。

今回のシュミレーションの参考図書は以下になります。

こちらの田村先生の著作も図などが豊富で初心者向けです。

新書で読みやすいです。山崎先生の物と合わせて現在学習中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。