一般就労につくということは勇気がいることかもしれない

スポンサーリンク




ここしばらく相談のサポートなどもしていますが、障碍のある方にとって一般就労への移行というものはなかなか勇気のいることなんだと感じる。

就労の継続支援としてはA,B型があるがこのような形態はそれなりに就労はしているものの一般就労に比べると勤務面などでは一般就労に比べると配慮をされる側面も多いように感じる。

とは言いながらもA型に関しては最低賃金の保証などもあることから就労受け入れ先もシビアになる傾向もみられる。

それではB型はどうなのかといえばこれまた賃金が安すぎるようにも感じる。昼食を頼むと赤字になるということもあり、こちらは福祉的な側面が強いように感じる。

それでは一般就労はどうなのかといえば、これは肉体的な側面もそうであるが、精神的なハードルも高いということが言えるように感じる。

スポンサーリンク




それなりに環境が大きく変わる

一般就労といえども障害枠であればハード面などで考慮されたりすることも多いし、受け入れ側もそれなりに対応していただけることも多いように感じる。

しかしながら、社会保障などへの加入もあるため、原則的には仕事を主体としているためやることはやってもらうという形が自然と多くなると思われる。

今までは一定の保護されていた部分もシビアになることが多くこのあたりも一般就労へのハードルになってしまうことがある。

加えて障害年金などを併用している場合にあっては所得が増えると2段階で支給に制限が加わる事からこのあたりも新たなスタートを切る障害になるケースが多いように感じる。

かといって普通に働いている人からすれば障害年金の併給調整がなされなければつじつまが合わなくなるところもあろうから複雑な問題であると思う。

このあたりがクリアにならないと障碍のある方の一般就労は現実的にかなりハードルが高いものになってしまうと感じる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。