就労継続関係について感じること。福祉的な制度ではあるものの現実的には利用者さんは厳しいことも多いのではないかという事について

支援をしていると働きたいという方は結構多くあります。 健康であっても何か病気や障害を抱えていても結局のところ働いて、ないしは制度を利用しながら生活をしていかねばなりません。 お金が必要になるわけです。 この辺りは悲しいことに体調に関係なく必要になります。 福祉制度による就労について 障がいの就労支援としてはA,B大きく2種類の就労の形態があります。A型は雇用に基づいて、B型は雇用とは関係なく このようなイメージです。 A型は最低賃金が保証され就労するとお金が支給されます。B型も工賃という形で支給されますが、これで生活をしていくことは極めて困難です。 就労を請け負う事業者さんも基本的には収益を生み出さなくてはなりません。稼がないと事業が成り立た...

12月に入りました。今月の動きや、お寺の年末について少し書いてみました。

いよいよ師走になってきました。あわただしい感じで年末に入ってきました。 今月のことで福祉やお寺関係の事等を少し書いてみました。   福祉関係の事について 今月は強度行動障害に関する実践編の研修がります。こちらは2日連続での開催になります。 公益財団法人 東京都福祉保健財団  様 東京都の例 こちらは事業所で加算の要件になっていることから事業所から参加させていただいています。 私は10月に基礎の研修を受けて、12月も実践者を連続で受ける形になっています。 加算は数百円のものですが、モニタリング数が増えると大きな違いになります。支援費そのものはそれほどないため、このような加算の積み上げも大切になってくると感じています。 今月の研修はこれがメインに...

居宅のケアマネで独立などを考える場合はここ2年程がポイントになるかもしれません。

以前少しお話をしていた居宅ケアマネの管理者要件が主任ケアマネに限定される件について猶予期間が増えたことについての追記です。 まずは少し他のサイトさん等の記事を引用させていただきながら大枠をみていこうかと思います。 概要などについて 介護のニュースサイトジョイントさんより 令和元年度の「居宅介護支援及び介護予防支援における平成30年度介護報酬改定の影 響に関する調査「管理者要件に関する調査」」の結果を踏まえ、令和3年3月31日時点 で主任ケアマネジャーでない者が管理者の事業所は、当該管理者が管理者である限り、 管理者が主任ケアマネジャーとする要件の適用を令和9年3月31日まで猶予することと してはどうか。 結果として、令和3年4月1日以降に新たに管理者となる者...

福祉目線からすると少し厳しくも感じるが、働いてお金を得るという事に一般就労も福祉就労も大差はないという現実

サポートをしていると、高齢期と異なり障がい分野には就労という課題が比較的前面に出てくることが多いようにかんじます。 高齢期は老齢年金などで生活を賄う人が約7割であり、障がい者の方は障害年金を利用できるケースはあれども年齢的にも可能であるのならば就労により生計を維持するというのがこの国のスタンスなのかもしれません。 障がいの分野にはA,Bの就労形態の事業所があります。 この辺りは細かい部分があるにせよ平たくは A型は雇用契約をベースにしている、B型は雇用契約はをベースとしない というような形になるかと思います。 これらの就労形態には何らかの理由で一般就労が難しい方がサポートを受けながら就労するという形となります。 私自身も無知ではあったのですが、福祉...

本日は救急車の1日でした。また別れもあり。そんな1日でした

今日は週の初めでした。ちなみに今日の占いは1位だったので意気揚々と出社したのですが。。 私は車で出勤しているのですが、脇道に入って早々に事故に遭遇しました。 出会い頭の事故でした。 裏道で狭い道路です。しかも道幅が同じ。一方に止まれの標識もありません。 左方優先の適応になるような交差点です。 私が事故をしていたわけではないのですが、通りかかったという感じです。 運転手さんは二人いて共に女性でした。片方は車内におり大丈夫ですかと声を掛けましたが意識がもうろうとしており、そのうち意識がなくなってしまったことから、救急車を要請しました。 一方では被害の小さい車の運転手さんが電話をしていましたが、もう完全に混乱されているようでした。相手の方を心配していらっ...