オムツのランニングコスト研究(適時更新の課題)2018.07.28

スポンサーリンク




よくある話で避けれないオムツ事情

昔特養に勤めておりましたが、やはりとてもオムツは使用します。

施設さんの中ではオムツ0を推奨されているところもありますが、全国的に見ても少ない。

いかに難しいことなのかよくわかりますし取り組みとして素晴らしいと感じます。

施設ではおむつ代も含まれるケースもありますが、在宅生活ではこれは必要な経費になってしまいます。紙パンツを含めるとこの排泄関連のコストは概ね介護が終了するまで永続的にかかりますから考慮すべき課題です。

お店にはオリジナルブランドの物なども増えました。これらはメーカーの店舗向けに商品化されているものでクオリティには差が無いといわれていますから試してみる価値は高いと思います。

実店舗での購入

購入に関してはおそらく一番多いのがドラッグストアでの購入になるのではないでしょうか?

私の周りでも身近なお店で購入する方が多いように感じます。ただオムツはかなりスペースを取りますからお店でもそれほど在庫が置けないような感じがします。購入が重なると在庫切れもあり得ると思います。

実店舗

メリット

  1. すぐに買えること
  2. オリジナルブランドを購入することで費用を抑えることが可能
  3. 市町村独自のオムツ券などとの併用が可能

デメリット

  1. 在庫の問題
  2. 持ち運びの問題(車社会でないとたくさん持ち帰るのが難しい)

インターネットによる購入

次に選択肢になるのはインターネットなどの店舗にて購入する方法などがあると思います。

Amazonや楽天などでも気軽に買えると思います。また、オムツの専門店などもありますからそちらなどと契約するなども良いかもしれません。また、現在は商品を比較することも簡単ですから比較して良い商品を選択することもできます。たまにありますが、子どもさんなどが遠方に在住の場合も発送先をご両親の自宅にするなどで直接買いに行く手間が省けます。(ご両親が配達時に対応が可能なことが必要にはなります)

メリット

遠方でも注文がしやすく持ち運びの手間の軽減が可能

他店舗との比較が容易

定期契約などでコスト削減が可能

一括での大量発注にも対応できる店舗も多い

デメリット

現物を確認できない

市町村独自の購入補助の適応ができないことが多い

自宅での在庫管理ができていないとオムツ切れなどが起こるが必要即応の観点から困ることも

有効と考えられる対策まとめ

  • 可能であればそこそこの在庫を持つことで単価を下げることができる場合は積極的に活用
  • 市町村独自の補助を有効活用
  • インターネットの継続注文を活用する。補助などの併用と比較して適切な物を選択する
  • 実店舗でもネットでも交渉することで値段の対応をお願いする。

今後も良い方法があれば随時更新の予定です。また、より合理的な方法などあれば是非ご教授ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。