車の保険の見直し期間が来たのでSBI損保にて再見積もりしてみた。

スポンサーリンク




自動車保険の満期が近いことがありまして、保険の見直しをしましたのでその時の雑記を書いてみました。都会の方は車は持たないよという人も多いかもしれませんが、田舎の必須アイテム車の保険について考えてみました。保険はなかなか高い買い物なので何か参考になれば幸いです。

私の私見も入っていますが多少勉強しましたので忘備録もかねて。。。

対人保険の考え方

ここに関しては無条件に無制限としています。

ここに関しては議論の余地が無いように思いますが、人に対しての損失というものは発生するとその損害が計り知れません。特に子どもさんや、若い方は経済的な損失期間が長いと評価され莫大な額になるようです。保険は如何に少ない掛け金で最大の保証を受けるかという側面があります。その点から無制限をお勧めします。

スポンサーリンク




対物保険の考え方

こちらも無制限としています。

全部無制限ならさぞ高くなるだろうと考えられますが、意外に無制限も、それ以外の5000万なども思ったより値段の変化がありません。

こちらも物への補償ということで金額を少し削られる方もあるかもしれませんが鉄道などへの損害や、建物、業務用のトラックなど状況により損害が甚大になる事もありますから注意が必要です。

自身の保険に関する考え方

自分の関する保険に関してですが、これは少し悩みましたが、人身傷害3000万(搭乗中)を選択しました。これはあまり考えたくないですが、不慮の事故での家庭での損失もありこの値段としています。生命保険に加入されている方は最低ライン保証してもらうといいように感じます。

支えるご家族がある場合は考慮すべきですし、自身のけがの対しても迅速な支払いがありますから、自費治療にも良いかと思います。

尚、交通事故は健康保険での診療ができないという勘違いがありますが健康保険も利用することができるそうです。

車両保険に関する考え方

こちらは私は無し。を選択しています。

車両保険は実はここがあるかないかでかなり値段が変わります。

あ、この人けちったね。と思われた方はおっしゃる通りなんですが、保険をかけていない理由があります。私の自動車ですが、以前事故をした時に修理をしたのですが車両価格は3万円との保険会社の査定がありました。

3万

自転車か?という査定です。

これ冷静に考えれば仮に事故になったら買えばいいわけです。一応車の購入費用の積み立てがあり、私は中古車でも問題ないので浮いた分を積み立てることにしました。

車両保険に関しては対人、対物と違い他人に迷惑が掛かりません

ここが大きいところで損失に関してはこちら側に判断軸がありますからこのような結論になりました。つけるとつけないで40-50%増減になります。

余談ですが、事故時購入費が目途が立たない。中古も妥協できない。ローンを組んで今の車に乗っている。新車である。

などに該当する場合は加入するほうがよいかもしれません。特にローン中の方は必須であると思われます。

尚車両保険には限定+Aなるものがありますが、これは当て逃げ、自損事故は保証になりません。特に当て逃げは盲点ですからご注意を。原則はフルカバーか入らない。の選択かと思います。

その他に関して考えたもの

  • 加入は無駄に補償範囲は広げず夫婦限定の補償とした。
  • 事故時の相手方の補償を考慮して対物差額修理保障特約を付加
  • 事故時の事を考え弁護費用特約を付加。(追突などの事故の場合を考慮)

まとめ

昨年事故をしてしまい

35000弱に値上がり。。。。

残念です。安全運転で頑張ることとします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。