カードでの支払いは金銭感覚のマヒになるかも。でも固定費はそれなりに安定的にポイントがたまるかもという話。カード社会を賢く生きる

スポンサーリンク




カードの支払いは便利ですがどのくらい使っているのかわからなくなるところに金融機関の思惑があるように感じます。

リボ払いは危険です。ポイントがたまるという宣伝に躍らせられないようにしたいものです。

スポンサーリンク




その支出は本当にそもそも必要なものなのか?

最近カードだけではなくペイペイなどの新しい決済の仕方がどんどん増えていきますね。

特に還元率が高いものがあるのでその還元率を目当てに結構なお金が動いているようです。

勢いで高級家電を買っちゃったよ。

なんて人も多いかもしれません。

どれだけ使ったか覚えていますか?

という私もカードを持っていないわけではないのですが、大体毎月月末にカードの支払額はプリンターで出力して出すようにしています。

最近の金融機関は明細を出さないことが多いです。出すにしても有料なので多くの人は便利なネットで確認なんてコースを選びますが誰も見ないことが多いのではないでしょうか?

ざっくり今月はこんなもんでしょ?という人も多いような気がします。

昔は比較的明細が送られてきたようですが現在は、「資源の節約」という名の謎のエコ運動でしょうか。希望しないと送られてこないことが多いと思います。

これはおそらく事務手数料の節減と、毎月の支払いに対する感覚を無意識に遠ざけている気がします。

中には自動でリボルビング払いにされているものもありますから一度明細の確認をお勧めします。払わなくてもいい手数料にはシビアになりましょう。

我が家のカード管理について

我が家は2枚運用をしています。

内訳はガソリンないしはETC専用のカード(家族カードで妻も同じものを利用)

もう一つはネット通販と公共料金用。

こちらにはひと工夫してあります。給料の支払いのネットバンクに紐付けしてあるかつ、明細が毎月送られてくる。

ここまでは普通ですがこの後が我が家のポイントです。

限度額を下げる。

ようにしています。

カードとは不思議なもので支払いが滞っていないと限度額が上昇します。

私はガソリンカードは月に10万、ネット購入、公共料金は20万を設定しています。

限度額を下げると大きな買い物はできませんが、そもそも大きな買い物をすべてカードで賄うのはリスクが高すぎます。

この値段であればガソリンカードは十分ですし、ネット決済もそれほどリスクになりません。明細も届くので謎の購入が発生しません。

加えて公共料金はちゃっかりポイントがたまります。

当然1回払いです。

原則分割はさらに金銭感覚が狂うのでお勧めしません。加えてボーナスの返済は景気の影響も受けますからカードを使う場合は一括で限度額を絞ってポイントは確実にためる作戦がいいと思います。

ちなみに限度額を上げることもできますが下げることができることはあまり知られてないと思うので自分が信じられない人は事前にカード会社に電話して下げておきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。