うちは貯金が貯まりませんという家庭向け記事を書いてみる

スポンサーリンク




福祉関係のお仕事は処遇改善交付金などの影響で少しは上向きつつあるお給金ですが、それでも平均的なそれに比べるとやや厳しい訳ですがそんな時について考えるべきは。。。

スポンサーリンク




残ったら貯めるはたまらない

よくあるのが月々節約しようという話をして頑張ってみるも残念ながらたまらないという話。

たまに調子がいいとどれだけか貯まるものの残念ながら月々で見るとばらつきがあったりすることがしばしばということは多々あるように感じます。

これは変動費が影響をしているからなんですが、これをコントロールするにはどうしたらいいんでしょうか?

逆で考えてみるべき

残ったら貯めるではなく、貯めてから使う

これが大切だと感じます。まず本来貯めておくべき額を決めて先取りで貯めていきます。

こうすることで残ったお金で生活する癖がつきます。

これが大切です。

この仕組みを作ってしまうと、残りのお金で生活をする癖がつきますから自然と貯蓄の体質ができてきます。

最後に大切なのは口座を分けて管理する

ここで大切なのは引き出しにくい仕組みを作ることです。

ほとんど使わない口座に貯めていくことが大切です。

生活費口座に入れてなどというのは、ただの消費の先送りになるだけです。

まずは口座を分けて管理することが大切ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。